ホーム > 理事長あいさつ

理事長あいさつ


ごあいさつ

  当公社が運営するエコクリーンプラザみやざきは、県央地区の10市町村の家庭から排出される一般廃棄物と県内全域の事業活動から発生する産業廃棄物を併せて処理する「廃棄物処理センター」として、焼却溶融施設、リサイクル施設及び管理型最終処分場等を一体的に整備し、平成17年11月に本格開業いたしました。

 開業後、日常的に年間約16万トン、1日当たり約500トンの廃棄物を受け入れるとともに、台風等による突発的な大量の災害ごみの処理や鳥インフルエンザ、口蹄疫の対応など社会的な要請にも可能な限り応えながら、廃棄物の適正処理を行ってまいりました。

 一方、平成25年3月12日に爆発事故が発生した灰溶融設備については、その必要性について社会情勢も踏まえながら検討を行い、廃棄物を安全に処理できることが確認できましたので、平成27年3月26日の理事会において、廃止することといたしました。

 今後とも、地元の皆様、県、事業参画市町村などの御理解、御協力を得ながら、安心・安全・安定したシステムの運用確立に鋭意取り組んでまいります。

 また、エコクリーンプラザみやざきは、全国でも有数の廃棄物処理施設や環境学習施設「エコタウン」など環境学習・環境教育のための総合的施設を有しており、毎年、県内外、国外からも多くの見学者にご来場いただいております。公社の本来の目的の一つである環境学習・環境教育に一層取り組んでまいります。

 今後とも、公社といたしましては、本県の優れた自然環境の保全、県民の生活環境の保全及び産業の健全な発展に寄与するため、全力で取り組んでまいりますので、これまで同様御理解と御協力を賜りますようお願いいたします。

                                                             


このページの先頭へ